オーバーヘッドスポーツ~治療編~ 完結編

こんにちは。

肩関節機能研究会の郷間@FujikataGomaです。

今回は『どこをみる?オーバーヘッドスポーツ~入門編~』と『どこをみる?オーバーヘッドスポーツ~下肢体幹編~』と『どこをみる?オーバーヘッドスポーツ~肩関節編~』のオーバーヘッドスポーツシリーズの『完結編』を飾る記事となっています。

と い う こ と で
今回はオーバーヘッドスポーツ障害に対して『評価から得られた情報をもとに行う臨床応用』について紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします✨
それではいきましょう!

オーバーヘッドスポーツ障害に対するリハビリテーション

それではここからはオーバーヘッドスポーツ障害に対するリハビリテーションについて解説していきます。
私が直近3年間で関わらせてもらった80~90人前後の投球障害肩の選手で最も多い陽性テストは

①CAT
②HFT
③Impingement
④HERT

これら4つのテストとなります。

もちろんLoose testやEET、EPT、SSP、ISP、SSCが陽性の選手はたくさんいますが、上記4項目が圧倒的です。

そして、この4項目を介入することで他のテストも陰性になるケースを臨床現場でも多く経験しています。

そこで、今回は陽性になることが多い4つのテストの問題点にフォーカスをあててお話をしていきたいと思います。

え?治療法じゃないの?と疑問に思った方も多いと思います。

治療方法はセラピストによって無限に選択肢はありますよね。

セラピストによっても力や体格も違いますし、患者さんによっても状況が全く異なります。

ですので私はこれが絶対よく治る方法だよ!!』というアドバイスはできません。

ですが『ここが問題かもしれないよ!!』というアドバイスはできます!

私の治療法はあくまで参考として受け流してもらっても結構です✨

問題点さえわかれば、あとは皆さんの培った技術で患者さんは治ると信じています💪

それではさっそく確認していきましょう!

①CAT(Combined abduction test)

https://vimeo.com/424337314

CATの治療で最も重要なことは
肩甲上腕関節”実質”の外転角度を拡大すること』であり、
肩甲骨代償を伴う外転角度を拡大することではありません。

では外転運動を制限する組織は何か?
そうです。前額面から見た肩関節内外転軸の下方を通過する組織です。
その中でも、私が重点的にアプローチしている組織は
肩甲下筋下部線維、大円筋、小円筋、上腕三頭筋長頭腱です。

肩甲下筋はなんとなくイメージできると思いますので今回は割愛させていただきます。

皆さんは、挙上時の腋窩周囲の解剖位置関係ってイメージできますか?

昔、後輩に『挙上した状態の解剖書のイラストが見つからなくて全くイメージできません』と言われました💦

挙上時の大円筋、小円筋、上腕三頭筋長頭腱の位置関係は以下のようになります。

https://vimeo.com/424315572/6b3e321ff5

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
おすすめの記事