有痛弧徴候(painful arc sign)

肩峰下インピンジメントテストの一つ。
肩関節外転動作を自動運動で行わせ、外転80°〜120°(rotational glide)で疼痛が生じた際陽性。
感度は73.5、特異度は83.1であり1)、特異度が高いため確定診断に用いやすいテスト。

参考文献

1)Hyung Bin Park et al:Diagnostic Accuracy of Clinical Tests for the Different Degrees of Subacromial Impingement Syndrome.The Journal of bone and joint surgery;2005,1446-1455

おすすめの記事