GIRD(Glenohumeral internal rotation deficit)

投球障害において、非投球側と比較して投球側の肩甲上腕関節内旋角度が減少する。1)
投球の繰り返しによって上腕骨の後捻角が増大することや後方関節包の硬さ棘下筋や小円筋のタイトネスが原因である。

 

参考文献

1)Stephen S. Burkhart et al:The Disabled Throwing Shoulder: Spectrum of Pathology Part I: Pathoanatomy and Biomechanics.The Journal of Arthroscopic and Related Surgery,19(4),404-420,2003

おすすめの記事