肩関節周囲炎〜炎症期の運動療法の考え方〜

みなさんこんにちは、肩関節機能研究会 研究生の佐藤雅文です😄
(Twitter⇨@masagaze、Instagram⇨@masafumi_s_

 

いきなりですが!
みなさんは肩関節周囲炎の患者さん、特に炎症期に対する運動療法、

はどのように考え、実践していますか?

悩む人
痛みが強すぎて、肩の運動はできないな〜。

悩む人
うーん。医師が注射で痛みを軽減してくれているから、ストレッチだけでいいのかな?
こう考えている方もいらっしゃるかもしれません。
こんなことを言っている私も、同じように考えていた時期がありました^^;
近年は運動療法の有用性に対する報告も多く見られているため、臨床で実践されている方も多いかと思いますが、
肩関節周囲炎においては、病期毎に介入の有用性・効果が異なると言われています。
また、肩関節の痛みや機能障害の改善に対し一定の効果が認められている運動療法について、
炎症期においてのポイントがあります😊
こんな方におすすめの記事です
✅痛みが強すぎて、なにをすればいいのかわからない。と感じている方
✅夜間のポジショニングだけ指導すればいいのでは? と考えている方
数分で読める内容のため、
気になった方は是非最後まで見ていってください😊

肩関節周囲炎の病期のおさらい

まずは肩関節周囲炎の病期についてですが、

①炎症期 ②拘縮期 ③回復期 の順に経過していきます。

 

報告によっては4つのフェイズに段階されていたりもしますが、内容としては

 

・強い疼痛の出現(安静時痛・夜間痛の出現、最終可動域前での疼痛)

・疼痛の軽減、関節の硬さが増強

・疼痛、関節の硬さともに軽減し、機能障害の改善が認められてくる

 

こういった流れを理解していただければと思います。

 

炎症期の運動療法

この時期は安静時痛や夜間痛の出現、最終可動域前での強い運動時痛などが見られます。

ちなみに、”個人的に”一番苦労していた・なにをすればいいのか迷っていた、時期になります^^;

 

『痛みがあるけど、どこまで動かしていいんだろう?』

『あまり動かさないでいると、拘縮になりそうで心配!』

こう考えていましたが、同じように肩関節を担当しはじめた方で、こう考えていた方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は実際に痛みを増強させながら積極的に介入しすぎて、

疼痛や可動域制限、機能障害の改善が遅延しているように感じた症例を経験したこともありました^^;

 

こういった炎症期と考えられる方に対して理学療法士の立場からできることとして、

夜間のポジショニングはよく耳にしますが

・痛みの伴わない範囲での可動域練習や運動療法

・患者教育(セルフケア・病態理解)なども推奨されています。

 

また関節可動域の改善は単独での運動療法でも期待できると言われていますが、

痛みの改善については関節内ステロイド薬投与の方が効果が高いともされています。

 

そのため、医師による痛みの治療と共同しながら介入して行く必要があります。

逆に言うと、

”すべて一人でなんとかしようとせず、やるべきことをやれば必要以上に焦る必要はない”

と思います😊

 

痛みが強すぎる場合は…??

先ほどから”痛みのない範囲での運動療法”と言いますが、

佐藤
痛すぎてなにもできない方もいるよ!!!
と感じる方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は隣接関節でもある肘・前腕を利用した運動療法や、
胸椎・肩甲骨からの間接的な介入が功を奏す場合もあるかと思います。
また、持続的なメカニカルストレスや強い侵害刺激により、
末梢・中枢神経系において、
末梢・中枢性感作=痛覚閾値以下の低負荷の刺激入力に対する神経系の過剰な反応”
が惹起される場合があります。(詳しくはまた別の機会に詳細を話そうと思います😅)
そういった痛みの過剰反応や、慢性化への対処・予防をする意味で、
運動療法・全身運動が効果的と言われています!
多くの報告がされている運動誘発性鎮痛のEIH(exercise-induced hypoalgesia)は
・痛覚閾値・耐性値の増加
・痛覚強度の減少
・痛覚感受性が減少する減少
などの効果が期待できます。
そのため、炎症期の強い疼痛自体を医師による治療の行なってもらうのと同時並行で、
痛みの無い範囲の可動域練習、運動療法を実施する、
もし痛みが強すぎるのであれば、
ウォーキングや自転車などの全身の有酸素運動を行うことも有用ではないかと考えています。
ちなみにEIHに関しては、
”罹患部と離れた遠隔部での運動においても”、
罹患部の痛覚感受性を低下させる
ことも知られています。
これらはセルフケアとして導入することも重要であるため、
病態理解に加えて、運動の重要性を患者さんに伝えながら実施してもらうようにしています( ^∀^)

 

まとめ

・痛みそのものは医師による治療の方が効果的な場合も多いため、

 必要以上に焦らず共同して介入していく。

 

・炎症期(安静時痛や夜間痛の出現、最終可動域前での強い運動時痛)では、ポジショニング指導に加え、

 痛みの伴わない範囲での可動域練習や運動療法、患者教育(セルフケア・病態理解)が有用。

 

・痛みが強すぎる場合は、ウォーキングや自転車などの全身の有酸素運動を行うことも有用。

 

・患者さんが焦らないよう、また運動を行なっていただくために、

 病態の理解を促しながら、セルフケア定着を目指す。

参考文献

Kelley MJ, Shaffer MA, Kuhn JE, et al : Shoulder pain and mobility deficits : adhesive capsulitis. J Orthop Sports Phys Ther 43 : 1-31,2013.

Challoumas D, Biddle M, McLean M, et al : Comparison of treatments for frozen shoulder : A systematic review and meta-analysis. JAMA Netw Open 3 : e2029581,2020.

Lannersten L, Kosek E : Dysfunction of endogenous pain inhibition during exercise with painful muscles in patients with shoulder myalgia and fibromyalgia. Pain 151 : 77-86,2010.

松原貴子:EIHについて:ペインリハビリテーションの観点から.ペインクリニック 38 : 601-608,2017.

松原貴子: 運動による疼痛抑制の神経メカニズム.ペインクリニック 35 : 16555-1661,2014.

お知らせ

最後にお知らせがあります!

”肩関節機能研究会”主催セミナーが開催予定です!

申し込みはこちらをクリック ⇨ https://t.co/OjGvOE5Tg3?amp=1

 

【肩の臨床成績を上げる秘訣】

日時:11月4日(木) 21:00-22:30

講師:郷間光正(ファシリテーター:志水康太)

内容:大人気講師の郷間が普段の臨床で使用している定番ツールから、最近使い始めているような最新ツールを、
   臨床での知見や経験を踏まえてプレゼンします。
   近年は運動器エコーが評価ツールとして認知を広げていますが、それ以外にも評価・介入の手段として有用なものは      
   様々あります。
   これらのツールを基に、機能解剖に基づいた解釈や臨床への落とし込む思考過程を学べる貴重な機会となっておりま    
   す。

価格:1680円

参加特典

✅事前配布資料80枚

✅見逃し配信

✅肩研全コンテンツ◯◯日間無料!? ⇦ 大好評です!!

 

申し込みはこちらをクリック ⇨ https://t.co/OjGvOE5Tg3?amp=1

おすすめの記事